{正直、この発想は思い浮かばなかった}

角川の新書と富士見や電撃などのライトノベルのイメージが重ならなくて、こういう発想は思い浮かんだことがなかったです。

でも考えてみれば「銀英伝」なんかもライトノベルのジャンルに入れてもそれほどおかしくないよなあ。

ちなみに最新刊の「霧の訪問者」(薬師寺涼子の怪奇事件簿)は内容薄過ぎてダメダメですね・・・

涼宮ハルヒの将来